ハーキマーダイヤモンドを採りに行ったよ⑦ ~こうやって見つけるよ!~

さて、ハーキマーダイヤモンドの見つけ方について。

◆地面に落ちているのを見つける

◆土をふるって見つける

これでも意外と見つかります。

採集場所にごろごろしているのは、地層から切り出されてきた母岩たち。

母岩が割られた拍子に、結晶が顔を出したり、そのままポロリと地面に落ちることも多いのです。

キラリと光ったところにダッシュ!

とはいえ、母岩にはその他の鉱物(細かい水晶、カルサイトなど様々)も結晶しているため、光ったものの正体にがっかりすることも多く・・・。

主に見つかるのは、わりと小さいサイズのものかなと思います。

私も3~4㎜くらいのものをいくつか見つけました。

 

◆母岩を割ってみる

大きいものを狙うならこれ。

通称、「ポケット」と呼ばれる黒っぽいくぼみが多数見られる母岩を選び、ハンマーで割っていきます。

割ってみて、中から結晶が出てきたら大当たり☆

ポケットにクリスタルが埋まっていました☆

もちろん、出てこないことの方が多いので、完全に運と根性の勝負です。

結晶の姿が見えたら、丁寧にノミで母岩を砕いて取り出していきます。

採集スペースでは、更に大規模に岩を砕いて採集していらっしゃる方たちもいました。

経営者のおじいさんに「どうやったら掘れるのか」をあれこれ聞きこんでいたところ、採集歴20年のおじさんを紹介してくれました。

ビルさん。
この近くにコテージを持っていて、カナダから採りに来るらしい(ご自身でも販売サイトを作成していらっしゃいます)。

こうやってテントを張って、地層を掘り進めていきます。

既にビルさん半裸。

この大きな母岩の中に20㎜超の結晶がいくつも入っていました

先程のテントの写真、ビルさんの左側に、紫色のTシャツの女性が横になっているのが見えますか?

実は、ハンマーで崩した地層の隙間に、大きな結晶達が埋まっていて、彼女はそれをピンセットで取り出しているのでした~!

大き目の結晶がころころと。土を取り除くとまだまだ出てくるよ!

取り出された結晶の一部。
市場に出回るハーキマーダイヤモンドって、こうやって採掘されるんですね~

ちなみにごろごろ出てくる時って、こんな感じらしいよ。見つけたら鼻血でちゃうね!
(これはミュージアムに展示されていたもの)

関連記事

PAGE TOP