ハーキマーダイヤモンドを採りに行ったよ④ ~おすすめの鉱山と、必要な装備〜

翌日は気持ちよい晴れ空!


川のせせらぎと木漏れ日の中で朝ごはんをすませ、いざマイン(鉱山)へ。
前の記事では、キャンプ場に併設(道を挟んで向かい側にある)の鉱山「Herkimer Diamond Mines Resort」をご紹介しましたが、

実は口コミで評判が良い、別の鉱山がキャンプ場から徒歩5分のところにありまして。
Ace of Diamonds Mine and Campground
我々はこちらに行ってみることにしました。


この看板が目印ですよ


入り口にある重機とモチーフ的なもの

こちらがオフィス

オフィスのカウンターには経営者のおじいさんとおばあさんがほんわかにこにこ。

ここで入場料$10を払います。

石を割るのに使うハンマーやのみなどの道具は、ひとつにつき$1でレンタル可能。

他、必要な装備は一通り販売されているので、手ぶらで行っても掘れますが、できたら以下は用意していくと良いと思われます。

・手袋
⇒軍手でも可ですが、結構な力で石を叩き割るため、なるべく厚手のものおすすめ。
現地で作業用のゴム手袋を買いましたが、滑らずいい感じでした。

・サングラスかゴーグル
⇒石を割った時に、破片が飛び散るため、目を保護するもの必須

・帽子
⇒日が照って暑いので。日焼け止めとかお水なども用意してね。

・小さなチャック付き袋、もしくは蓋が閉まる小さな容器
⇒採集した石を入れるため。小さい石は紛失の危険があるので封ができる容器がマスト。
100均に売ってる小物入れ用のビニール袋、ピルケース、旅行用の小さなクリーム入れ、小さな飴の缶みたいなもので可。

・ビニール袋か箱
⇒大きめの石(母岩付きのもの)を入れておく。あとで掘り出そうとキープしておいた母岩が、他の岩に紛れてうっかり見分けがつかなくなるのを防ぐ

装備は以上のような感じです。

次回はいよいよ堀り場に行くのですよ~☆

【参考】
「Ace of Diamonds Mine and Campground」
・原石ほか、かわいいワイヤー系アクセサリー、ファセットカットしたジュエリーも充実。
その他の石やスピリチュアルグッズ、書籍なども揃っており、個人的にはかなりテンションがあがるお店でした。

・キャンプサイトも併設。ただし、テントを張って泊まる形式のようです。
これからキャンプ場を拡大するんだってオーナーさんが言ってた。

「Herkimer Diamond Mines Resort」
・SHOPは老舗、という感じ。掘り出したまんまの原石がごろんごろん置いてある。
様々な種類の石やジュエリーなどが沢山ありますが、雰囲気的にはちょっと古めかしい感じかな・・・?
口コミによると、Ace Diamondsより価格がお高めらしい。そうかもしれない。

・2Fにミュージアムあり。大きなハーキマーダイヤモンドや化石などの展示。
入場料$2。(鉱山で採る人は入場無料)採集の方法の予習ビデオが見られるよ。

聞いた話によると、ハーキマーには他にもいくつか鉱山があり、4つほどの鉱山で掘る体験ができるとか・・・。

※情報は2014年当時のものであり、状況などが変わっている可能性もございます。詳しくはリンク先のWEBサイトなどでご確認ください。

関連記事

PAGE TOP